(今回のお達者さん)
新潟県退職者連合
佐渡地区退職者連合
仲田 善夫さん

仲田さん

 3月下旬になり、各集落の道普請や関普請の話題が聞かれるようになりました。私の地域は、半農半漁の農家が多く、水田と言っても平均4反歩くらいです。私の家は自営業と農業を行っていました。私も店番をしたり、農作業をしたりして手伝っていました。手植えと手刈り、鎌を使った耕作の頃でした。しかし現在、120軒の集落ですが、空き家も半分位になり、稲作を行っているのは、4~6軒位になってしまいました。佐渡地区の各集落も、こんな傾向にあるのではないかと思います。

ぐんぐん伸びゆく山うどに心引かれる

 若い頃、魚沼の職場で山うどに興味を持ち、帰島後、栽培に取り組みました。初めは眺めてうどの生長を喜びとし、20年くらいながめ続けました。力強く、ぐんぐん伸びゆく山うどには大変心を引かれたものでした。
 退職後、山うど栽培を聞きつけた会社の方が見学に来て、栽培と出荷を依頼されました。その後、2トン車で3台分の山うどを提供しました。
 山うどは宿根で、一度根を伏せると毎年出てきます。40㎝位の白茎が商品となります。そのため、ネギの白根を収穫するようにやっかいですが畝をあげる。マメトラで耕起し、スコップで2週間かけて畝上げを行います。力を必要とするきつい作業ですが苦にはなりません。山うどが好きで、栽培も好きだからです。また、若い頃の農作業の手伝いが、底力となっているからだと思います。

大きな責任とやりがいを感じる

 JA佐渡は、会報等にアスパラやイチジクの栽培方法を載せ、農家に栽培を奨励しています。農家の収入を高める支援です。私も太い山うどを育てるためにそれなりの工夫を行っているので共感ができます。

畑から採れたばかりの仲田さん家の山うど

 振り返ると、政府の農業政策は、猫の目農政と言われているようにコロコロ変わり、常に農家に不安と混乱を生じさせたように記憶しています。減反政策がなくなった今日、これから変わることはないのでしょうか。
  山うど栽培が鑑賞の対象から、出荷のための栽培へと変わった今、大きな責任とやりがいを感じ続ける近頃です。収穫は、4月下旬頃です。

新潟県退職者連合ホームページ「どっこい甚句」(2019年4月11日より)