<報告者>
連合岡山退職者連合
会長 新見三郎

 連合岡山・西部地域退職者連合は、8月4日(金)13:30から、倉敷市内にあるサービス付高齢者向け住宅「グランドガーデン南町」を訪問して、入居者の皆さんと交流をしました。
 入居者や施設の関係者など約40人が参加した交流会は、山田勇夫西部地域幹事会事務局長の司会でスタート。はじめに訪問団9人を代表して新見三郎・岡山退職者連合会長があいさつ。岡山退職者連合の活動について①生きいきと安心して暮らせる社会づくり②生きがいづくり③健康寿命づくり④仲間づくり⑤地域づくりで頑張っていることを説明。現在、岡山県内に約9,200人の会員がいること紹介しました。

「グランドガーデン南町」訪問団。(前列左から)横大路哲、山田茂、米山保、新見会長、黒田日出国、難波英嗣、成松昭夫のみなさん。(後列左から)山田勇夫、来間憲治のみなさん。

「グランドガーデン南町」訪問団。(前列左から)横大路哲、山田茂、米山保、新見会長、黒田日出国、
難波英嗣、成松昭夫のみなさん。(後列左から)山田勇夫、来間憲治のみなさん。

マジックでは、入居者の方もお手伝い

 続いての演技披露では、1番目にJR総連県協OB連絡会の難波英嗣さんがマジックを披露。会場から感動の拍手を頂きました。
 2番目は、UAゼンセン友の会の旭OB演歌バンドの皆さんのギター演奏と歌です。サイドギターを来間憲治さん、唄とギターを米山保さん、ボーカルを横大路哲さんが披露。「ああ 人生に涙あり」「柿の木坂の家」の2曲は、入居者の方々と大合唱をしました。大きく元気な声が会場に響き渡りました。
 3番目は、岡山県退職教職員会の黒田日出国さんによるマジックです。入居者の代表の方にお手伝いしていただくなどして、会場が盛り上がりました。
 最後に成松昭夫西部地域幹事会幹事が「元気でまた会えることを楽しみにしています」とあいさつし、ボランティア参加者全員で交流会の成功を喜びあいました。

連合岡山退連の会員の演奏や歌に聴き入る入居者のみなさん。

連合岡山退連の会員の演奏や歌に聴き入る入居者のみなさん。

マジックを披露する難波さん(写真中央)。

マジックを披露する難波さん(写真中央)。

熱唱する旭OB演歌バンドのみなさん(写真左から、ボーカルの横大路さん、サイドギターの来間さん、ギタ-と歌の米山さん)。

熱唱する旭OB演歌バンドのみなさん
(写真左から、ボーカルの横大路さん、サイドギターの来間さん、ギタ-と歌の米山さん)。

黒田さんのマジック披露。

黒田さんのマジック披露。