愛媛高退連は、毎年県内の宇和島・新居浜・松山の3つの会場で学習会を開催しています。今年度は9月25日~27日までの3日間、3会場で合計276人が参加しました。学習会では、「社会保障の行方と今後の運動」をテーマに、退職者連合の菅井義夫事務局次長を迎え実施しました。基調は、2013年9月16日に開催した「退職者連合第1回組織代表者会議」において報告された社会保障制度改革国民会議の「報告書」に対する退職者連合としての「評価と課題・問題点」とし、90分の報告をいただきました。

説明をする菅井事務局次長

説明をする菅井事務局次長

 講演の中で特に菅井講師は、「雇用制度の確立・雇用制度の安定化」がこれからの「社会保障制度の根幹をなす」と強調。「しかしながら、政府の規制改革会議は民主党政権が昨年改正したばかりの労働者派遣法が原則禁止した日雇い派遣について百八十度方針転換し、原則禁止の撤廃を認める提言をまとめた。また、作業部会は国家戦略特区の中で解雇特区を構想し、労使が条件を決めておけば簡単に労働者を解雇できたり、無期契約に転換できる権利を従業員に事前に放棄させられる特例などを提案した」と厳しく批判しました。
 さらに菅井講師は「いずれも、企業が人をコストと見なして切り捨てる制度の正当化に他ならず、到底認められるものではない。安易な解雇に歯止めを掛け、労働者が安心して働き続けられる権利を守るという労働法制の理念の根幹を揺るがす改悪は言語道断」と指摘。ブラック企業が増えるなど「雇用制度の確立・雇用制度の安定化」に逆行する横暴には現役と共に立ち上がらなければならないと訴えました。

真剣に話しを聴く参加者

真剣に話しを聴く参加者

参加者などは次の通り。

  1. 宇和島会場
      開催日 2013年9月25日(水) 14時~
      会 場 宇和島自動車本社ビル
      参加者 48名
  2. 新居浜会場
      開催日 2013年9月26日(木) 13時30分~
      会 場 新居浜市文化振興会館
      参加者 117名
  3. 松山会場
      開催日 2013年9月27日(金) 13時30分~
      会 場 松山市勤労会館
      参加者 111名