退職者連合は8月29日に2018年度第1回幹事会を開きました。会議では、第22回定期総会で決定された運動方針の具体化や役員推せん委員会の設置、第25回参議院選挙・選挙区候補予定者の推薦、都道府県知事選挙及び政令指定都市・市長選挙への取り組みなどを決定しました。また新役員として青木研一副会長(所属はJP労退)があいさつ、幹事会には総会で承認された新役員も全員出席しました。さらにこの日の幹事会から9地方ブロックの代表が幹事として出席。これまで産別・関連退連のタテを中心に開催されていた幹事会が地方退職者連合のヨコの参加により中央と地方の連携が強化されることになりました。幹事会の産別・関連退連関係の新役員は以下の通りです。

9地方ブロック代表幹事(右奥)が出席する中、第1回幹事会が開かれた。
あいさつするのは人見一夫会長。(2018年8月29日)

新役員のみなさん

副会長
北村 典子
(全国退女教)

副会長
青木 研一
(JP労退)

幹 事
高見恵美子
(NTT労退)

幹 事
小澤利野
(全国退女教)

幹 事
軍司源次
(JT関連退)

会計監査
雨宮 敬
(JT関連退)

(1)運動方針の具体化

①政策・制度要求関係
 全国の自治体要請の展開、学習会開催、連合をはじめ政党との連携強化
②組織強化・拡大関係
 拡大目標100万人の達成、地方ブロックの強化、「三つのお達者づくり」と「二つの活動推進」、女性会員の拡大
③社会的共感の得られる運動推進
 高齢者の消費者被害防止の取り組み。地域でのカジノ賭博誘致反対の取り組み。第57回全国消費者大会へ参加

(2)役員推せん委員会の設置

 役員選挙規則第5章役員推せん委員会第21条(役員推せん委員会の設置と定数)ならびに第22条(委員の選出と任期)により、以下のとおり2018年度役員推せん委員会を設置しました。なお委員長、副委員長は第1回役員推せん委員会で互選します。

五十嵐 久 (日本郵政グループ労組退職者の会)
内山 礼子  (全国退職女性教職員の会)
大山 勝也 (JAM高齢者・退職者の会)
川端 邦彦  (全日本自治体退職者会)
竹田 邦明  (日本退職教職員協議会)
野口 敞也  (UAゼンセンシニア友の会)
菅井 義夫  (日本退職者連合)

(3)第25回参議院選挙・選挙区候補予定者の推薦

 連合は6月28日開催の第11回中央執行委員会で、2019年7月(予定)に告示される第25回参議院選挙における選挙区候補予定者の推薦を決定しました。これにより退職者連合も同候補予定者を推薦しました。

(4)都道府県知事選挙及び政令指定都市・市長選挙への取り組み

 連合は、都道府県知事選挙及び政令指定都市の市長選挙における候補者について当該地方連合会の機関決定をもとに中央執行委員会で推薦決定しています。退職者連合も、地方における政策・制度要求を前進させる観点から、連合が推薦決定した候補者については、退職者連合としても推薦することにしました。なお取り組み内容は、国政選挙と同様とします。

(5)第57回全国消費者大会へ参加

 第57回全国消費者大会が2019年3月に開催されます。退職者連合は昨年と同様に協賛団体として参加します。8月24日(金)午前11時15分から東京・四谷の主婦会館プラザ・エフ5階で第1回実行委員会が開かれ、主婦連、全地婦連、日本生協連、消団連など17の消費者団体や市民団体の代表21人が出席しました。
 退職者連合からは、林道寛副事務局長が出席。担当分科会は「消費者政策」です。会議では冒頭、実行委員長に岩岡宏保氏(埼玉県消団連)を選出するとともに以下の内容で第57回大会を実施することを決めました。林副事務局長は、高齢者の消費者被害を防止する運動に取り組む立場から大会成功に向けて積極的に参加する旨を表明しました。

<第57回全国消費者開会開催要領>

 

(1)とき 2019年3月15日(金)、16日(土)の2日間
1日目
 ①分科会 13:00~17:00
 ②特別分科会 17:00~19:00
2日目
 全体会 9:00~12:00
(2)ところ 主婦会館(プラザエフ)
東京都千代田区六番町15 TEL 03-3265-8111
(3)分科会 ○消費者政策 ○環境 ○食 ○社会保障
(4)実行委開催日 第2回 10月12日
第3回 12月14日
第4回 2019年2月15日

以上