7月3日、「第10回連合・ILEC幸せさがし文化展」の入賞者が発表になりました。応募総数は、前回より317点増えて4,013点となりました。退職者連合関係では、前回の3倍近い総数412点の応募がありました。審査の結果、退職者連合関係では絵画、写真、書道の部門で3人がシニア特別賞を受賞するなど俳句、川柳を加えた5部門で14人が入賞しました。

文化展は会員の生きがいづくりに貢献

 幸せさがし文化展は、連合と教育文化協会(ILEC)が主催して連合の定期大会開催年に合わせて2年ごとに開かれており、退職者連合も後援しています。絵画、写真、書道、俳句、川柳の5部門で募集・審査が行なわれ、入賞作品は、定期大会会場に展示されるとともに入賞者は定期大会の中で表彰されます。
 文化展への参加は、趣味を通じた退職者連合会員の生きがいづくりにつがる文化活動の一つです。退職者連合では、6年前から連合・ILECと連携して会員に広く応募を呼びかけてきました。 
 その結果、退職者連合の会員の応募数は8年前の第7回が18点、第8回が51点、本格的に参加しはじめた第9回が142点、今回の第10回が412点となり、回を追うごとに増えています。
 理由について退職者連合の阿部保吉会長は「会員の皆さんが日ごろから培っている生きがいつくり、趣味の励みにしていただこうと、積極的に参加を呼びかけました。その結果、多くの会員のみなさんが応募してくれた」と語りました。

入賞者は以下の通りです。(敬称略)

<絵画の部> シニア特別賞 市川貞夫(日産エルダークラブ)
秀作 平井辰夫(UAゼンセン友の会クラレ労組OB)
<写真の部>  ジュニア特別賞 山中蓮温(UAゼンセン友の会クラレ労組OB家族)
入選 百崎礼治(自治退・福岡県職組OB)
西山 栄(JP労退)
<書道の部> シニア特別賞 飯野正子(NTT労退東京都支部協)
入選 森下克己(全印刷局退職者の会)
今泉敏雄(NTT労退青森県支部協)
<俳句の部> 秀作 山本隆啓(海員組合愛媛支部OB)
入選 池田昭正(NTT労退佐賀県支部協)
高木 勇(基幹労連シニア神戸製鋼労OB)
特別審査員賞 藤原泰江(NTT労退広島県支部協)
<川柳の部> シニア特別賞 今泉いま(NTT労退青森県支部協家族) 
特別審査員賞 浅井常義(NTT労退静岡県支部協)

趣味の発表の場にどうぞ

 退職者連合会員の応募数が増えていることについて教育文化協会の村杉直美常仁理事は「前回に比べて300点近い応募増をいただきました。皆さんが日頃から取り組んでいる趣味の成果を発表する場として、これからもこの幸せさがし文化展を活用していただければ」と退職者連合の会員の参加に期待を寄せました。

連合本部3階AB会議室で行なわれた初応募を対象とした特別審査委員賞の審査。(写真上、絵画の部・下は書道の部。6月21日)

連合本部3階AB会議室で行なわれた初応募を対象とした特別審査委員賞の審査。
(写真上、絵画の部・下は書道の部。6月21日)