年金、医療・介護の充実、安心で豊かな福祉社会づくりに取り組むと共に、生き甲斐づくり、社会貢献活動などを地域で取り組む退職者、年金生活者の組織です。

茶飲み話

茶飲み話 まあ、ゆったりと茶飲み話でも・・・。

 仲のいい友人や隣人とお茶をのみながら、ゆっくりとした時につつまれて交わす茶飲み話は楽しいものです。スローライフな私たちシルバーエイジの特権かも知れません。縁側で日向ぼっこをしながらいただくお茶のお供に、退職者連合のコラム「茶のみ話」で語らいに花を咲かせてはいかがでしょう。

茶飲み話[132] 雑草と・・・

 庭が少しある。
 今年はモクレンから咲き始めた。3月にはクリスマスローズが咲き春がやってきた。チューリップは赤、ピンク、紫、黄色、白や混じったものがたくさん咲いた。そして6月からユリの花、オリエンタルリリーという少し大きめのユリ。140~150センチくらいに伸びた茎から濃赤色の花が一斉に咲き始めた。自分で植えたにもかかわらず色も覚えていなかったので嬉しかった。淡いピンクが咲き、鮮やかな黄色、白地に赤のコントラストが際立つ花色、華やかな桃色が咲き、庭はユリの香りで包まれた。7月には濃いピンクと白いカサブランカが咲き、庭に出るのか楽しかった。
と、ここまでは花がきれいに咲く普通の庭の様子。だが、今は雑草がきれいに広がっている。花を植える前には、土を耕し整地をした。当庭はどちらかというと日本風、聞こえはよいが、あ~何とかしたい!あの日本のハーブといわれる“ドクダミ”!
 塩や熱湯もなんのその、あっという間に広がる。バジルやミントなどのハーブも植え、雑草対策をやってみたが“ドクダミ”に負けている。砂利やマルチシート、タイルも検討してみた。除草剤をまいたら花に影響が出そうでまけない。しかたなく、週末は雑草とり。本当によく育つというか、子どもには「雑草のようにたくましく育ってほしい」というが、それとこれとは別だと思いながら刈る。

 雑草除草方法を調べていたら、『宮中侍従物語(入江相政編)』に昭和天皇の侍従であった田中直という方の随想「吹上御所の四季 雑草とご愛草」という文章のなかに、昭和天皇から「雑草ということはない」とお叱りを受けたと書かれたものをみつけた。

<以下、抜粋>
『吹上御所の四季 雑草とご愛草 』より

 両陛下のお住まいは、皇居内の吹上地区にある。吹上地区は、それほど大きな修理も加えられずに、昔の面影を今にとどめている。
 今から15年近く前の、私が侍従を拝命してからまもなくの出来事。暑かった夏もそろそろ峠を越えて、朝晩ややしのぎやすくなってきた9月初旬のことである。庭園課の係から、「吹上広芝のお庭の草が茂りすぎたので、那須からのお帰りまでに手を入れたいが」との申し込み。私は、さっそく吹上にとんだ。なにしろ那須からのお帰りまでに数日を残すだけだし、広芝の広さもわかっていたから。なるほど、名も知れない野草の薮であり、いたるところに繁茂しているススキは、その一部が建物にまでよりかかっている状態。さっそく係と相談して、建物から10メートルくらいの雑草は全部刈り払ってしまい、特に両陛下のお住まいの裏にあるわれわれ侍従室の前の庭は、全部刈ってしまうように頼んだ。やっと刈り払いも終わり、9月中旬、両陛下は那須からお帰りになった。ところが、吹上からすぐ来るようにとの連絡、陛下からのお召しだという。「どうして庭を刈ったのかね」「雑草が生い茂ってまいりましたので、一部お刈りいたしました」「雑草ということはない」 私は、とっさには陛下のおっしゃった意味がよくわからなかった。「どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方でこれを雑草としてきめつけてしまうのはいけない。注意するように」というような内容のお叱りであったと記憶している。その後、陛下のお言葉に雑草ということをお聞きしたことがない。
 「雑草の科学」(沼田真編、研成社)の中に、「雑草は、作物に対する一群の植物のカテゴリーであって、植物学的ないし生物学的概念ではない。人間が自分のために栽培し収穫しようとする作物に対して、作物以外のすべての植物、招かれざる客として作物栽培の場に入り込む植物である。栽培されたもの、まきつけられたものでないという意味では雑草はナチュラルであるが、それは人がつくりだした環境に生ずるという点では、半自然的な植物群落を吹上地区には、招かれざる客として入り込む植物はありえないのである。そういえば、先人たちはうまい言葉を考えた。吹上の植物はすべてご愛草であって、雑草ではないと。なるほど、こよなく自然を愛される陛下にとっては、すべての植物はご愛草なのである。
 
 雑草は確かに一つ一つ名前があり特徴がある。その場所で育っている。よく見れば白い花が咲いていたりする。誰でもがその場所で生きている。自分なりに生きている。みんな等しく生きている。それが一つ一つの個性となれば、その個性を多様性というのかもしれない。お互いにみとめえたらもっと生きやすくなる。今の時代、自分勝手が多すぎる。
 吹上のように広ければ生い茂った雑草にも風情を感じるのかもしれないが、当庭では単なる“カ”の発生する場所にしかならない。私も自然は好きだし、花も好きだ。秋になったらコスモスが揺れて、冬には千両や万両が赤い実をつける、四季を感じられる庭を造りたい。子ども(孫)たちが虫に刺されることなく安心してあそべる庭にしたい。
 だから、私はやはり雑草は刈る!炎天下、私はクラクラしてきた。雑草と折り合いをつけながら、付き合っていくしかないな。これからもよろしく!

退職者連合 副事務局長 大内孝子

茶飲み話[131] 丸儲けの人生と次世代への責任

 父は戦時中の体験について多くを語らなかった。とりわけ、学徒徴兵に応召した後の軍隊経験についてはほとんど聞いた記憶がない。父が特別攻撃隊に配属され特攻訓練を受けていた話は親類から聞いていたのだが、一度だけ晩年の父が往時の訓練について語ったことがある。乗用車の免許取得にも大いに苦労したほど不器用な人であったから、父は無論パイロットではなかった。敗戦も近づいたころ、日本軍も初歩的な「電探」(電波探知機=レーダー)を開発しており、父は電探操作の指導を受けて、複座式の戦闘機でパイロットと共に敵艦に体当たりする夜間特攻の訓練をしていた。とはいえ、「電探」の性能たるや極めて劣悪で、少し波が高くなると船影と波の識別すら困難であったという。そのような夜間特攻が実際に敢行されたのかどうかは分からない。それよりも重要なのは、親類の話によると、当時父は既に出撃が予定されており、母(私の祖母)宛てに遺書も送られていたということだ。つまり敗戦があと1カ月も遅れていたら、今の私は存在しないということである。これは私の反戦平和に対する執着の原点でもある。ただ翻って考えれば、九死に一生を得るようにこの世に生を受けた私の人生は、今生きているだけで丸儲けのようなものかも知れない。

 丸儲けの人生と悟ったのは学生時代であったと思うが、爾来、いくつかの幸運に恵まれたこともあるが、世間の慣習や周囲の思惑をかいくぐり、概ね自分の思うように生きてこられた。学生自治会の役員となって学費闘争を指導もしたし、当時高揚していた成田空港反対闘争では反対同盟委員長(当時)戸村一作氏の参院選を応援したりもした。卒業後は日産自動車に就職したが、これは経済学者の伊東光晴氏がどこかで、現代経済を理解するには輸出大企業の実態を知らなければいけないと書いていたことに触発された面が大きい。当然ながら学業の成績は芳しくなかったので、興銀出身だった父の力を借りた。自動車会社がエンコ採用では洒落にもならないが、日産でその頃権勢を振るっていた自動車労連(現日産労連)塩路会長に反発して、全国金属プリンス自工支部に加入したことから人生の局面が大転換した。分裂少数組派組合の悲哀も味わったが、産別における地協・ブロック活動や地域における地区労活動、さらに様々な争議団との交流といった体験は、その後産別本部において専従者となってからの立ち位置やものの見方にも大きく影響したと思う。

 私が金属機械本部に職を得たのは1990年のことだが、1999年のJAM結成を経て、2013年から3年間の連合総研派遣期間を含め、ほぼ一貫して政策畑で内外経済や労働情勢の調査を担当してきた。経済や社会を長年に亘って、働く者の未来を切り拓く観点から分析してきた立場からは、あらぬ方向に迷走を続けたともみえるこの四半世紀こそ、画時代的な転換期として映る。経済は閉塞し、民主主義は窒息する。そんな重苦しい歴史感覚の下で、コロナ禍があたかも触媒のように、社会の歪みを際立たせながら変化の加速を促している。人口減少、雇用劣化、医療危機など直ちに対処すべき課題がいくつも明らかにされているにも関わらず、ワクチン接種が進んで一見状況が改善したかに感じられるや、やれグリーンだ、やれデジタルだと、まるで惨事に便乗するように、欲と得に支配された成長至上主義がゾンビのごとく復活してくる。

 私たちは、悔い改めない強欲な人々が主導する変化の加速への対抗軸をすぐにも提示しなくてはならない。誰しもが運の良し悪しに関係なく、晩年を迎えたときに、常に尊厳が保たれた幸福な丸儲けの人生だったと振り返ることができる、そんな社会の見取り図や工程表のあらましをこしらえることが、次の世代に対する責任ではないかと思う。それは無謀な戦争であたら若い命を散らした先人たちへの、何よりの供養ともなろう。

退職者連合 副事務局長 早川行雄

茶飲み話[130] 北海道と戦争の歴史 平和について

1 はじめに
 昭和史のノンフィクション作家の保阪正康さんは札幌の出身。毎年数回札幌市で講演会が開催される。2年前に北海道文学館で「保阪正康の仕事」が展示された。保阪さんの書かれた『最強師団の宿命』を読んで改めて北海道の歴史と戦争について考えさせられた。明治時代「軍都」旭川で屯田兵を母体に第7師団が組織されたが、明治、大正、昭和で様々な戦場に「最強師団」として大本営参謀に便利な形で動員され、常に激戦地に投入され、多くの兵士が犠牲になってきた歴史が書かれていた。以来、北海道と戦争の歴史、また北海道の空襲では、函館、室蘭、釧路、根室で大きな被害がったが、あまり知られていない。
 まずは資料を集め北海道と戦争の歴史を再度学ぶことに。

2 歴史的な背景 
 江戸時代後期からロシアの侵略に備え、松前藩中心に東北の各藩から道内の要所に警備のため藩兵を派遣した。
 幕末の戊辰戦争で薩長、新政府軍が勝利し江戸時代から明治に。その後、東北で奥羽列藩同盟が抵抗するが敗北。さらに幕府海軍の榎本、新選組土方らは北海道で「蝦夷共和国」をめざすが敗北し戊辰戦争が終結した。
 明治政府は欧米列強に学び、急速に近代国家をめざし富国強兵路線へ。北海道開拓に、旧士族の活用、全国から東北各藩の士族、尾張徳川は八雲に。
 そして、対ロシアの防衛と北海道の開拓の任務を持つ屯田兵が創設された。

3 陸軍第7師団が、日露戦争、ノモンハン事変に投入される
 旭川陸軍第7師団は、日露戦争で旅順要塞攻略を目指す乃木希典率いる第3軍に編入された。寒冷地に強い軍として厳しい戦局の打開する切り札として多くの兵士が投入され、最大の激戦地203高地で多くの戦死者を出し、突破した。さらにシベリア出兵、ノモンハン事変、日中戦争などに連続的に派兵された。

4 太平洋戦争と第7師団
 1940年、近衛内閣、日本はアメリカとの太平洋戦争へ突入した。ハワイ真珠湾攻撃で大勝利。はじめの半年は電撃的に勝利したが、その後、アメリカ軍の反撃でミッドウエイ海戦に敗北し、以降戦局は劣勢に制空権、制海権も奪われ敗戦の流れに。
 旭川第7師団第28連隊の一木支隊916名は、グアムから旭川へ帰還途中に、急遽ガダルカナル島の米軍への反撃を命じられた。しかし日本はミッドウエイ海戦で敗北しており、米軍(3万人)の反撃にあう。桁違いの戦力の差に一夜の戦闘で先遣隊は壊滅した。大本営参謀の責任は大きい。その後のアッツ島の玉砕も。
 旧満州で編成された第89連隊に多くの北海道の兵士が、南方要域と沖縄へ。沖縄戦で、多くの北海道の兵士が戦死した。(1万2千名)

5 北海道大空襲
 1945年7月13日、14日の北海道大空襲で、79市町村、約3,000人が死亡し、多くの負傷者、建物の損壊など被害が出た。とくに室蘭市、根室市、釧路市、函館市で軍事、運輸関係(青函連絡船)などが集中的に爆撃された。

6 まとめ
 北海道の歴史、戦争とのかかわりで、作家の保阪正康さんは、明治、大正、昭和の多くの戦争のなかで大本営参謀に北海道の第7師団の兵士は便利に利用された。道民はこの事実をもっと知るべきだと言いたいのだと思った。これは全国の軍隊も同じだと思う。
 また、北海道空襲の被害の実態。終戦後にソ連が参戦し、樺太や千島列島で攻撃し、北海道を分割支配しようとしたが、アメリカが拒否した。結果、ソ連は北方領土の占領、数十万人の日本兵をシベリアに抑留した。多くの問題があったことを改めて学習し、若い世代に平和運動を継承していかなければなりません。

北海道ブロック幹事 冨山 隆(道退連会長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 日本退職者連合(退職者連合) All Rights Reserved.