退職者連合近畿ブロック協議会(近ブロ、有元章博代表幹事)は、10月13日(木)エルおおさか・南館ホール(大阪市)で、第23回定期総会を開催しました。総会には、近畿6府県(滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫)退職者連合147名の役員や代議員が出席しました。
 有元代表幹事は、あいさつでの中で7月の第24回参議院選挙の結果にふれ、「民進党全体としては若干の増加をしたが、大阪は4人の枠に対し、大阪維新が140万票獲得して2人当選した。大阪の状況が近畿、全国に浸透することを懸念する」と警鐘を鳴らしました。また安倍政権の改憲の危険性を述べ「憲法改正」を許さない取り組み、「年金切り下げ」など社会保障制度改悪を許さない取り組みを現役・連合と連携して取り組むとの決意表明がありました。

主催者あいさつする有元章博代表幹事(10月13日、大阪市)

主催者あいさつする有元章博代表幹事(10月13日、大阪市)

辻元議員が蓮舫・民進党への支持訴え

講演する辻元清美衆議院議員

講演する辻元清美衆議院議員

 総会に先立って民進党の辻元清美衆議院議員が「衆議院選挙後の国政の状況と課題」と題して記念講演しました。1時間の講演の冒頭、辻元議員は政治の分野で「内外を問わず、女性が活躍している」実情を報告し、一層の女性の政治分野等への進出を促し、蓮舫代表を中心とした新たな民進党への支持を訴えました。

阿部会長が講演とあいさつ

安倍政権との対決を訴える阿部会長

安倍政権との対決を訴える阿部会長

 来賓あいさつで登壇した日本退職者連合の阿部保吉会長からは、安倍政権の危険性、社会保障制度の現状と課題、取り組み方向などについて具体的に指摘し、これらの課題に対し退職者連合として、連合と連携し全力で取り組む表明が行われました。

恒例の近畿ブロックのハイキング、今年は滋賀で実施

 3号議案では近畿ブロック協議会の特徴的活動である「ハイキング」の提案。今年は滋賀退職者連合が担当し、10月26日に近江八幡市で開催となる。滋賀事務局長から「準備万端、多数の参加」を訴えた。
 総会は2016年度活動経過、2017年度活動方針など4議案と総会宣言が満場一致で確認され閉会した。

近畿ブロック協議会役員の紹介(各府県会長ほか)。 「演壇」後方から有元・大阪退職者連合会長、右隣 同 林・事務局長、増田・滋賀退職者連合会長、高原・兵庫退職者連合会長・中村・和歌山退職者連合会長、奥田・京都退職者連合会長、奈良退職者連合会長、松尾退職者連合会長、他(両サイドは幹事)

近畿ブロック協議会役員の紹介(各府県会長ほか)。
「演壇」後方から有元・大阪退職者連合会長、右隣 同 林・事務局長、増田・滋賀退職者連合会長、高原・兵庫退職者連合会長・中村・和歌山退職者連合会長、奥田・京都退職者連合会長、奈良退職者連合会長、松尾退職者連合会長、他(両サイドは幹事)

総会の最後に、全員で奮闘を誓い合った。

総会の最後に、全員で奮闘を誓い合った。