日本三名園のひとつである岡山後楽園をきれいにするボランティア活動に連合岡山退職者連合(略称:岡山退連)が取り組みました。
 参加の理由は、できるだけ多くの会員の皆さんに生きがいづくり、社会参加の機会を持っていただこうということからです。岡退連では、20年以上も岡山市内での養護老人ホームの訪問活動を実施していますが、このボランティアに参加するためには披露できる演技が必要となり、参加者が限定されてしまいます。そこで「岡退連の会員で時間さえあれば誰でも参加できるボランティア活動を」との提案があり、検討してきました。

ボランティア清掃活動「キラリ応援隊一日隊」に初参加

 その結果、日本三名園のひとつである後楽園の事務所から、『落ち葉掃きで岡山後楽園を綺麗に!ボランティア清掃活動“キラリ応援隊一日隊”参加者募集』の案内がありましたので、今年初めて参加することにしました。
 「キラリ応援隊一日隊」は、県民のみなさんがボランティアで参加する年に一度の後楽園の一斉清掃です。園内外の清掃を通して、後楽園に親しみを持つことを目的に毎年初冬に実施されており、今年で10回目とのことです。

岡山退連28名参加。「来年もやりたい」の声

 今回の実施日時は、12月6日(日)9:00~10:30までの1時間30分でした。岡山退連では、山田勇夫事務局長を責任者に、会員家族含めて28名が参加しました。全体の参加者も昨年は194名でしたが、今年は213名とのことでした。
 作業終了後、参加した会員の中から「来年もぜひ参加したい」と発言が多くありましたので、今後の岡山退連の活動計画の中にいかして生きたいと思っています。

主催者の挨拶、グループ分け、作業段取りを受けて、いざスタート。(2015年12月6日、岡山後楽園)

主催者の挨拶、グループ分け、作業段取りを受けて、いざスタート。(2015年12月6日、岡山後楽園)

箒を手にみんなで楽しくやりました。

箒を手にみんなで楽しくやりました。

作業終了後、参加した岡退連のみなさん全員で記念撮影。

作業終了後、参加した岡山退連のみなさん全員で記念撮影。

(報告者)
岡山退連
会長 新見三郎