今般発生した西日本豪雨災害に対して退職者連合は7月11日に開催した第12回三役会において災害救援のための緊急カンパを連合と連携して取り組むことを決めました。

 連合は7月9日に「西日本豪雨災害情報センター」を設置し、7月20日に開催した第12回中央執行委員会で被災地への救援ボランティアの派遣、緊急カンパの取り組みを決定しました。

 これを受けて退職者連合としては、連合の取り組み内容を基本にして以下の要領で構成組織(産別・関連退職者連合、地方退職者連)において緊急カンパを取り組むことにしました。なお、地方退職者連合は、当該地方連合会が実施する街頭でのカンパ活動などについても、できるかぎりの連携・協力をお願いしました。

<連合「緊急カンパ」の実施内容と退職者連合の取り組み>

1.実施期間

2018年7月20日~2018年11月30日

2.集約

(1)第一次集約  2018年9月14日(金)
(2)第二次集約  2018年11月30日(金)

3.実施方法

会員にカンパへの協力をお願いする。集約は以下の通り。
(1)口座を周知し、会員に直接振り込んでもらう。
(2)各組織でまとめ、関係する現職構成組織または地方連合会に届ける。

4.振込みについて

(1)振込み口座
   中央労働金庫 本店 普通 NO.145414
   (名義)連合 西日本豪雨災害支援カンパ 事務局長 相原康伸
(2)振込み手数料 無料(ただし、労金の窓口での振り込みに限る)

5.拠出先

広島県、岡山県、愛媛県に対して義援金として拠出すると共に、関係地方連合会のボランティア等活動費の一部として拠出する。

 

(この件での問い合わせ先)
退職者連合事務局
担当:副事務局長 林道寛
TEL 03-5295-0507