退職者連合は、1月16日(水)午後1時30分から連合本部で第3回幹事会を開催しました。会議では地方ブロック代表幹事の交代、昨年7月の西日本豪雨災害「緊急カンパ」の取り組み結果、2018年度中間決算と会計監査、9地方ブロック報告などを確認。
 協議事項では、第198回通常国会に対応した政策・制度要求として10項目の春要求を決めました。また実現に向けて厚労省や政党要請を実施すること、関連行動として「政策・制度要求実現2・14院内集会」を参議院議員会館1階講堂で実施すること、第25回参議院選挙・統一地方選挙勝利に向けた「政治の流れを変える!2・13“力あわせ”の集い」を都内で開催することなどを確認しました。
 さらに男女平等参画推進のための第8回学習会(3月1日)、年金改革に関する3・27学習会の実施をはじめ、第57回全国消費者大会(3月15日)、第90回メーデー中央大会(4月27日)への参加などを決めました。

今年最初の幹事会が開かれた。正面はあいさつをする人見会長。(2019年1月16日。
連合本部)

 

人見会長が安倍一強政治にストップ訴え

 2019年最初となる幹事会の冒頭、人見一夫会長は、「今年は政治決戦の年。安倍首相の嘘に騙されないよう日本の政治を正しくするため、参議院選挙で私たちの推薦候補の全員当選を勝ち取り、安倍一強政治にストップをかけよう」と訴え、行動する退職者連合の決起を求めました。(あいさつ要旨は、後掲)

承認事項では、四国ブロック代表幹事として國弘昭氏(高知県退職者連合会長)から織田等氏(愛媛県退職者連合事務局長・写真)への交代が承認されました。

 

西日本豪雨災害緊急救援カンパ報告。
総額1億5,691万円を被災地へ

 幹事会では、昨年7月に発生した西日本豪雨災害での「緊急救援カンパ」について、退職者連合分も含め合計で1億5,691万円余り集まったことが報告されました。
 これは連合が12月20日に開催した第17回中央執行委員会で連合口座に寄せられたカンパ金の総額と拠出先・金額について報告・承認した内容を受けて確認したものです。
 緊急カンパの取り組みについて退職者連合は、連合本部・地方連合会、構成組織と連携して、連合本部が設置した救援口座への振込みとして実施しました。
 なお産別・関連退連、地方退連からは、口座開設期間を過ぎてもカンパ金が寄せられたため連合と相談の上、連合「愛のカンパ」(災害救援)に振り込む対応とました。連合が確認した集約金額及び拠出先については以下の通りです。

○実施期間 7月20日~11月30日
○集約額の合計 1億5、691万6、115円
○拠出先
①広島県、岡山県、愛媛県に義援金として各4,960万円を拠出
②連合広島に対しボランティア活動費の一部として811万615円を拠出

春要求10項目の実現に向け厚労省・政党要請へ

2019年「春要求」を策定した政策委員会。

 第3回幹事会では、政策委員会の提案を受けて第198回通常国会に向けた春要求10項目を決めました。実現に向けては、2月21日(木)13時30分から厚労大臣要請(対応:土生栄二総括審議官)を行ないます。なお政党要請は、立憲民主党・国民民主党・社会民主党と調整中。

<春要求・骨子>

  1. 働く者のための働き方改革・子ども子育て支援
    について
  2. 被用者保険の確実な適用と対象拡大について
  3. 年金制度の維持・改善について
  4. 地域包括ケアシステムの確立について
  5. 医療制度について
  6. 介護保険制度について
  7. 税制について
  8. 社会保障関連諸統計について
  9. カジノ賭博合法化法の廃止について
  10. 「悪質クレーム」について

 

第3回幹事会での人見会長あいさつ(要旨)

今年は政治決戦の年、元気に活動しよう!

人見一夫会長

 今年は政治決戦の年です。4月に統一地方選挙、7月には参議院選挙があります。この選挙で私たちの推薦する候補が勝つことが求められています。とくに参議院選挙では連合が推薦する10人の組織内候補者全員の当選を果たすことが安倍一強政治にストップをかけることになります。政治決戦の年、我々はこの1年間を元気に活動していきたいと思います。
 1月7日の新聞に宝島社の「嘘は敵だ。嘘は戦争の始まりだ」という意見広告が載っていました。イラク戦争の時、大量破壊兵器があるとしてアメリカはイラク攻撃をしました。しかし、大量破壊兵器は発見されませんでした。そして今、トランプ大統領を含め、世界の政治主導者が嘘を撒き散らし、嘘を言うことによって分断を図るということがまかり通っています。このことは民主主義にとって危機です。日本ではどうか。昨年1年、森友や加計問題を含めて「嘘、隠蔽、公文書の改ざん」などがまかり通り、日本の政治にとっても、民主主義の面からも大変不幸なことでした。
 「嘘をつくな」というのは、親が子どもに言ってきたことです。学校教育もしかり。1月7日の意見広告は「嘘をやっつけろ」で締め括っています。
 日本の政治を正していく意味でも今年の選挙は大事です。嘘のない政治を求めていきます。1月6日のNHK各党代表発言で自民党の安倍総裁は「辺野古(新基地)の埋め立て(対象地域内にある)サンゴは全部移植して被害を出していない」と言いました。まったく不正確で嘘です。沖縄県からも「違う」と抗議が寄せられました。
 安倍さんの嘘に騙されないように日本の政治を正していく、今年1年健康で行動する退職者連合として取り組みを進めていきましょう。

第198回通常国会

政策・制度要求実現2.14院内集会

○と き  2月14日(木)10:00~11:30
○会場  参議院議員会館1階講堂
○受付  午前9時から

■参議院議員会館1階(通行証配布)

○来賓  連合、立憲民主党、国民民主党、社会民主党
○規模  300人
○参加  産別・関連退連、地方退職者連合代表など