退職者連合は、11月14日午後1時30分から連合本部3階AB会議室で第2回幹事会を開きました。

 会議では、4つの退職者会から届出のあった幹事交代を承認しました。また、連合から事務局に専従派遣されていた青柳久子さんの連合への復帰と定年退職を確認しました。さらに今回から新たにブロック報告が設けられ、北海道、東海、近畿の3ブロック代表幹事から活動報告がありました。(ブロック報告の内容は、前号に掲載済み)。協議事項では、来年2月、3月に集会や学習会を開くなど、行動する退職者連合としての活動内容を決めました。

幹事会の冒頭、あいさつする人見会長。
会議では、憲法問題に対する退職者連合の当面の対応などが報告され、活発に話し合われた。
(11月14日、連合本部)

 

憲法問題での退職者連合の対応決める

 8月29日に開催した第1回幹事会で「憲法改正問題に対する退職者連合の対応について、三役会で検討のうえ明確な方針を示してほしい」との意見があったことを受けて、この日の幹事会では、三役会で取りまとめた「憲法問題に関する退職者連合の当面の対応について」の報告を了承しました。
内容は、資料をご参照ください。

決定された当面の日程

①全国事務局長会議

日時 2月13日(水) 13時から
会場 連合本部3階 AB会議室

②「政治を変える2.13“力あわせ”の集い」

日時 2月13日(水) 18時から
会場 ホテル ルポール麹町

③政策・制度要求実現2.14院内集会

日時 2月14日(木) 10時から
会場 参議院議員会館(予定)

④男女平等参画推進のための第8回学習会

日時 3月1日(金) 13時30分から
会場 連合本部3階 AB会議室
講師 藤原千沙 法大教授
テーマ 「シニア・高齢単身女性と税・社会保障制度」

⑤年金改革・学習会

日時 3月27日(水) 13時30分から
会場 連合本部3階 AB会議室
講師 権丈善一 慶大教授
テーマ 「財政検証を見通しての年金改革の課題と展望」

 

新幹事のご紹介

 第2回幹事会で以下の4人の方の幹事就任が承認されました。

九州ブロック
檀 勝樹 代表幹事

JR総連OB
奥山 光昭 幹事

私鉄高退協
渡辺 幸一 幹事

林退会
飯島 貞親 幹事

2018全国高齢者集会のまとめを確認

 幹事会終了後、2018全国高齢者集会第4回実行委員会が開かれ、2019年全国高齢者集会を9月17日(火)、文京シビックホールで開催することを決めました。
 実行委員会では、開始時間や受付体制、移動方法、デモ行進のあり方などで反省点が指摘され、次回の開催に活かす事になりました。なお、今回を持って実行委員会は終了となりました。

 


【資料】

憲法問題に関する退職者連合の当面の対応について

 第1回幹事会で「憲法改正問題に対する退職者連合の対応について、三役会で検討のうえ明確な方針を示してほしい」との意見があった。これを受けて退職者連合は、連合の対応方針(別冊 参照)などを踏まえ、第3回三役会(10月17日)、第4回三役会(11月14日)において意見交換し、当面の対応について、次の通り取りまとめた。

  1. 退職者連合は、憲法問題など国の基本にかかる課題については、基本的に連合の方針にもとづき対処する。
  2. 各組織は、関係するそれぞれの産別組織と連携を密にし、連合の方針を逸脱しない範囲で対応する。
  3. 退職者連合事務局は、可能な限り連合との関係において情報収集を行い、重要な情報については組織内への速やかな発信に努める。

以上