4月29日、晴れわたった青空の下、メーデー中央実行委員会(委員長・神津里季生連合会長)主催による第89回メーデー中央大会が代々木公園B地区で開催されました。退職者連合からは、産別・関連退連と東京高退連の会員あわせて527人が参加し、人見一夫会長が壇上で紹介されました。

 「平和・人件を守り、あらゆる差別をなくそう!働く者のための働き方改革をすすめ、すべての仲間と結集しよう!」をメインスローガンに開かれた今年のメーデー中央大会には、連合組合員約4万人が参加しました。

 式典後、参加者は式典会場の隣につくた「ふれあい祭り」の広場で様々なイベントを楽しみ、さわやかな一日を過ごしていました。今年も家族連れの参加が目立ちました。

メーデー会場を埋めた参加者。(4月28日、東京・代々木公園B地区サーカー場)

退職者連合のテント前(右端)に集合した会員のみなさん