阿部会長

阿部会長

 退職者連合は、11月16日(水)午後1時30分から連合本部3階AB会議室で第2回幹事会を開きました。会議には役員38名が出席し、人事案件や活動報告の承認、2017年前半の主要な活動計画について決定しました。
 会議では阿部保吉会長が、役員の1年間の労をねぎらうと共に2017年1月開催の通常国会に上程予定の年金、医療・介護の各改悪法案への対応と闘いの決意を述べました。また、幹事会終了後には2016全国高齢者集会第4回実行委員会を開催し、集会決算報告を承認するとともに実施の総括を行いました。

2017年前半の主要な活動内容を検討した第2回幹事会

2017年前半の主要な活動内容を検討した第2回幹事会

 承認事項では、産別・関連退連の幹事交代、連合からの派遣受け入れと連合派遣の常任幹事の交代について役員推せん委員会の竹田邦明委員長(日退教)の報告を受けた後、承認しました。
 なお連合からの専従役員の派遣については、退職者連合の菅井義夫事務局長が連合の逢見事務局長と7月29日面談し、文書で要請していたもので、連合内局の10月定期人事異動で決まりました。また、連合派遣の常任幹事の交代については、11月10日に開催された連合第14回中央執行委員会での決定を受けて確認したものです。連合からの新メンバーの派遣が退職者連合と連合双方の機関で決まり、人事面での組織的な連携が一層深まってきたといえます。

 新役員は次の通りです。
 
<産別・関連退連関係>

○幹事 花村 靖さん(農水退)
○幹事 小松 清人さん(私鉄高退協)

<連合派遣関係>

○副事務局長 鈴木 るりさん
○常任幹事 松永 茂樹さん

 役員推せん委員会からは、選挙管理委員会との関係についても報告があり、幹事会として以下の内容を承認しました。

(1)幹事会が選挙管理委員会の設置が必要と判断するまで「立候補受理告示」等、選挙管理委員会の事務代行を退職者連合事務局長に委ねる。

(2)立候補者が定数を超えることなどにより、総会で選挙を行う必要がある場合は、直近の幹事会または総会において選挙管理委員会を設置する。

組織の名称変更について

 構成組織(産別・関連退連、地方退連の総称)では、各定期総会での規約改正を受けて、それぞれ組織の名称を変更しました。

①産別・関連退連関係

旧称 UAゼンセンシニア友の会
新名称 UAゼンセン友の会
実施日 第50回定期総会。2016年9月6日より

②地方退職者連合関係
 これまでの高齢・退職者団体連合から「○○退職者連合」に改称した地方組織は、2016年10月19日現在、34道府県となりました。

第48回衆議院選挙・選挙区選挙
候補予定者第1次分73名の推せんを決定

 この日の幹事会では、第48回衆議院選挙での選挙区選挙候補予定者の第1次分として連合が第13回(10月20日)、第14回(11月10日)の各中央執行委員会で推薦決定した73名について退職者連合として推薦決定を行いました。推せんした予定候補者には退職者連合の推薦状と「祈必勝」の為書を手交します。

第2回幹事会資料は、こちらからどうぞ

10月31日、第1回役員推せん委員会。委員長に竹田邦明氏(日退教)

 退職者連合の第1回役員推せん委員会が、10月31日(月)午後2時から連合本部3階第2会議室で開かれ、委員長に竹田邦明氏(日退教)、副委員長に五十嵐久氏(JP労組退)を選出しました。2016年度の役員推せん委員会の設置と委員は、8月24日の第1回幹事会ですでに決定されていました。
 委員会では、幹事の交代や副事務局長の推せんなどの取り扱いのほか、第21回定期総会での役員改選に向けた作業内容を確認しました。第2回推せん委員会開催は、2017年1月16日(月)15時からを予定。